Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

さなたんのつれづれ日記

人生楽ありゃ苦もあるさ〜♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ショウゲキ
20070517_290970.jpg

それはそれは、衝撃体験でしたびっくり

何がって、新発売のハーゲンダッツドルチェ。

開けてビックリ玉手箱。

今までのカップアイスの常識を見事にくつがえしてくれました。


まず、クリームブリュレ。

表面が、パリッとしていて、カラメルがとろ〜んハート

その食感は、まさしくクリームブリュレのそれ。

しっかり甘いけど、バニラの風味とカラメルのほろ苦さが絶妙で、ペロリと食べれちゃいます。


そしてティラミスがこれまたスゴイ。

表面はココアパウダー、中にはカプチーノが染み込んだスポンジが挟まってます。

こちらは、オトナな味ぴかぴか




でも、何が一番衝撃かって・・・・・。


その値段!!!


1個367円しますから!!!!(消費税込み)


ケーキ1個買えますから!!!!



吉牛に卵つけれますから!!!!



コンビ二のレジで、一瞬固まってしまったわ・・・・・。


しかし、その値段にあたいする代物でした。


またボーナス出たら買おっと・・・・・。

| 甘いもの | 22:48 | comments(5) | trackbacks(0) |
手塚ワールド
ふしぎなメルモ
ふしぎなメルモ
手塚 治虫

少し前になりますが、こないだの日曜に手塚治虫記念館に行ってきました。

旧宝塚ファミリーランドのすぐ横にあり、子どもの頃によくいったな〜と感慨にふけりながら記念館へ。

ファミリーランド跡地には、イングリッシュガーデン?や、ドッグランなどがあったのですが、見たところ季節的に花も咲いてなさそうで、料金も600円だったので今回は素通り・・・汗

記念館は、大人500円で、かなり楽しめましたぴかぴか

実際に手塚治が書いた原稿や、膨大な数の作品が展示されています。

漫画喫茶のように、マンガを読めるコーナーや、実際に自分でマンガを書いてみるコーナーもあり・・・読書

時期的に、映画「どろろ」に関連したコーナーも充実!

実際に使われた衣装や、元のマンガをみることができます。


そして、小さい映画館のようなところがあり、昔なつかしい作品が、1話づつ上映されているのです〜

内容は、日替わりらしく、その日は「ふしぎなメルモちゃん」でした!


うお〜!めちゃめちゃ見たい!!

ところが、もはやその回は定員オーバーポロリ

観客層は、子どもよりも、結構ええ年した人が圧倒的に多かったです。

次の回には時間的に間に合わず、泣く泣く記念館を後にしました・・・。

しかし、それからというもの、「メルモちゃん♪メルモちゃん・・・♪」のメロディーが頭から離れず・・・。

メルモちゃんが、キャンディーを食べて、一瞬ハダカになり大人に変身するシーンは、子どもながら萌えましたね〜

あ〜やっぱりもう一回見たい・・・。

記念館またいこ・・・。
| 甘いもの | 21:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
北の国から
20061016_190365.jpg

こないだ梅田に行ったら、阪急百貨店で、北海道物産展をやっていた。


おお!

なんてグッドタイミングるんるん

さっそく、会場に行ってみると…。

そこは、どえらい騒ぎになっていた。


満員電車並みに、人があふれているではないか汗

もはや、どんな売り場があるかも見えず、進んでは人の流れに押し返される始末。

歩いてるというより、流されてるといった感じ。



流されつつも、試食のせんべいなどをゲットしていると、遠くの方に、「六花亭」という文字が!


何を隠そう、私はここのバターサンドが大好物なのですハート


そして、チーズ&ビスケットは、前にお土産でもらった時、オトンにビスケットだけ全部食べられた苦い思い出が…。


楽しみに家に帰ると、「おう!このビスケットうまかったぞ♪」と陽気なオトンの前に、寂しげにレアーチーズだけが残されていた。


怒る私に、「リッツでもつけて食べたらええやんけ」とのたまった。


リッツと、ここのビスケットは絶対違うやろ〜怒りマーク



後日、不憫に思った友達が、自宅用に買っていたのを食べさせてくれたが、やはりリッツとは全く違うものだった・・・。


このビスケットあっての、レアーチーズとのハーモニーだったのである。


その時のリベンジがやっとできるポロリ


人並みを掻き分け、なんとか六花亭にたどり着き、奪い合うようにして商品を購入。


今回は、箱をビニール袋に入れといて、オトン対策も万全グッド


至福のテータイムであるホットコーヒー


| 甘いもの | 22:26 | comments(2) | trackbacks(0) |